2015年9月25日金曜日

第3回よっちゃんの部屋医学講座

第3回辰野病院祭では、よっちゃん自ら「乳がん」について医学講座をおこなうことにしました。
ここで恒例の問題です。

Q1:第3回辰野病院祭のテーマは?
ヒント:第3回辰野病院祭のポスターを思い出してください。

A1:「地域の笑顔と元気を守りたい」でしたよね。みなさん、覚えていましたか?

そこで「乳がん」の講演ということで、テーマは「あなたのおっぱい守りたい」としました。

「乳がん」は近年罹患率が上昇しており、今や12人に1人が「乳がん」に罹ると言われています。そこで、万が一「乳がん」に罹ったとしても 早期に発見できればという思いで、病院祭のテーマにちなんで「おっぱい守りたい」としました。このように純粋な気持ちでつけたテーマではありますが、スタッフからは「よっちゃんがおっぱいを守るとは?!」どういうことかと不評でありました。(当院は評論家F氏のような口がいい?方が多くいます)

「よっちゃんの部屋」の読者のみなさまはご存知のように、よっちゃんは「酒・タバコ・○○○もやらない」のに、スタッフからは誤解されています。この誤解はなかなか解けそうにもないので、しかたなくよっちゃんが前座を務めることにしました。

ここで問題です。

Q2:それでは、はたしてメインは誰が?
ヒント:辰野病院きっての女優といえば?「第2回辰野病院劇場」の主役「桃太郎」を演じたのは?

A2:みなさん、名演技を覚えていますよね。ということで、今回のメインは「桃太郎」こと放射線科の紅一点・赤羽氏に決定し、これでテーマ問題も一件落着。

赤羽桃太郎は「第2回辰野病院劇場」で見事に鬼退治しました。今回は乳がんを鋭く切り裂きます。
10月4日(日)はぜひ医学講座にもお立ち寄りください。

そこで最後にまたまた気になる大問題!!
Q3:ということは「赤ずきんちゃん」は、もしかしてあの人が?!

A3:10月4日(日)辰野病院へお越しください。

2015年9月18日金曜日

第3回辰野病院劇場

今年も10月4日(日)に辰野病院劇場が開演します。お楽しみに。

ここで恒例の問題です。

Q1:第3回辰野病院劇場の演目は?
 ヒント:第1回は「白雪姫」第2回は「桃太郎」でしたよね。覚えていましたか?そこで第3回目は?
大ヒントです。ポスターをご覧ください。



A1:みなさまのご存知の「赤ずきんちゃん」です。しかし、グリム童話の「赤ずきんちゃん」がどのように変わっていることでしょうか。お楽しみに!!

Q2:今回の「赤ずきんちゃん」の総監督は?
ヒント:以前にも紹介したことがある「病院きっての評論家」です。
(このポスターは総監督作です)
A2:病院劇場の総監督といえば、F氏しかいません。 これで3回連続であり、4回目5回目も・・・・・
(今から来年以降の話をするなんて「いい加減にしろ」「おに(鬼)」さんが笑います)

F氏の厳しい指導のもと、本番に向けて練習もはじまっています。しかも3回目ともなると、演技派?スタッフもノリノリで、ポスターまで作って宣伝することになりました。病院きっての芸術家F氏(総監督とは別人です)の指導のもと、にわか芸術家がポスターを書きました。病院各所に貼ってありますので、これも楽しんでください。


最後に大問題!!
Q3:はたして「あかずきんちゃん」は誰が??

A3:10月4日(日)辰野病院へお越しください。
   スタッフ一同「お・も・て・な・し」の心でお待ちしております。

2015年9月14日月曜日

第3回辰野病院祭ポスター

10月4日(日)に行われる第3回辰野病院祭のポスターが完成しました。
今回のテーマは「地域の笑顔と元気を守りたい」ということで、われわれスタッフの「手」で地域のみなさまが「笑顔で元気になれますように」という願いを込めました。ぜひ、10月4日(日)は辰野病院で笑顔と元気を感じてください。

ここで恒例の問題です。
Q:このポスターの製作者は?
ヒント:昨年の第2回辰野病院祭のポスターの製作者を覚えていますか?よっちゃんの部屋のイラスト担当者は?

A:そうですね。ポスターといえば、病院きっての芸術家F氏しかいません。
これで2年連続の製作となりました。病院祭のテーマも2年連続して同一人(病院きってのマジシャン?Y氏)が考えており、来年の第4回辰野病院祭のポスターやテーマも・・・・・と言いたいところですが、やめておきます。(みなさまに「いい加減にしろ」と怒られそうです)

2015年9月1日火曜日

医者をめざす君へ

今回は医療関係者およびそれをめざしている方への質問です。
Q:あなたはどうして医師・看護師をめざしましたか(めざしますか)?

A:いろいろな意見が出てきますよね。しかし根底には、患者さんを助けたい、病気を治したいからですよね。
よっちゃんもそのような純粋な気持ちで医師になったはずなのに・・・

最近、山田倫太郎君という心臓に障がいを持つ中学生が書いた「医者をめざす君へ」という本にめぐり合い「医者」をめざしていたころの純粋な気持ちを忘れていることを思い知らされました。
みなさまも、ぜひ読んでいただき、原点に帰っていただければと思います。

このような山田倫太郎君は24時間テレビにも出演し、多くの方に勇気と感動を与えてくれました。そこで今回、辰野病院で生まれたという縁で「第3回辰野病院祭」で出版記念の講演会を開催することになりました。ぜひ、多くの方に来ていただければと考えています。