2013年12月28日土曜日

仕事納め

辰野病院は第2・4土曜日に外来診療があるため、本日が仕事納めであります。みなさまにとって2013年・平成25年はどうでしたか?
辰野病院においては、「第1回辰野病院祭」「第1回クリスマスコンサート」など新しい試みを行った年であり、あらためてスタッフや地域のみなさまの「輪」を感じた1年でありました。
来たる2014年・平成26年がみなさまがたにとっていい年になることをお祈り申し上げます。辰野病院においても、みなさまがたの「輪」を大事に、荒波を乗り越えていきたいと考えています。

2013年12月26日木曜日

2013年辰野病院(よっちゃん)三大ニュース

今年もあと5日となりました。みなさんにとって2013年はどうでしたか。苦しいこと、楽しかったこと、いろいろなことがあったことでしょう?ところで、歳末になるとその年の「三大ニュース」が話題となります。今年はアベノミクスや異常気象、五「輪」招致などいろいろなことがありましたが、何を思い出しますか?そこで、辰野病院(よっちゃん)においても「三大ニュース」が決定しましたので発表します。
1、「第1回辰野病院祭」開催
今年は病院「祭」が一番の出来事であり、これにつきます。今まで辰野病院は病院「祭」を定期的には行っていませんでしたが、新築移転1年を迎えた今年、いままで支援していただいた多くの方々へ「倍返し」と考え、「第1回辰野病院祭」を計画しました。そこで「いつやるの?」「今でしょ」ということで新築移転1周年の10月に「お・も・て・な・し」宣言で開幕しました。ふたをあけたら約1000人もの来場者があり「じぇじぇじぇ」となりました。これはスタッフの「輪」があったからこそ大成功したのだと、あらためて辰野病院の底力を実感しました。


2、「よっちゃんの部屋」オープン
新築移転に伴い辰野病院のホームページがリニューアルしました。そこで、ブログ「よっちゃんの部屋」もオープンし、辰野病院の情報を独断で流しています。ぜひ、みなさん遊びに来てください。



3、「ゆり」のプレゼント
以前ブログでも紹介しましたが、私が「カサブランカ」が好きと書いたら、なんとスタッフの方々から「ゆり」の鉢植えをいただきました。よく「外科医がひとりで大変だね」と言われますが、このようなあたたかいスタッフに恵まれており、決して「ひとり」ではないと実感しました。とてもうれしい出来事であり、3番目にしました。



以上、かなりの独断と偏見でありますが、これが「三大ニュース」であります。来年は、今年以上にスタッフが「輪」となって荒波を乗り越えていきたいと考えています。

2013年12月25日水曜日

第1回クリスマスコンサート

前々回のブログで予告したように昨日、第1回クリスマスコンサートを行いました。スタッフが「輪」となった1年であり、今年の「祭」の最後を飾るにふさわしいコンサートになりました。
12月はじめに思いつきで「クリスマスコンサート」をやりませんか?と言ったところ、スタッフの賛同を得て、「いつやるの?」「12月24日のクリスマスイブでしょ!」ということで、行いました。
初めての試みであり、しかも準備期間が短くて不安もありましたが、院長先生が自らギター演奏を行い、その他にもスタッフによるハンドベルコーラス、またシンガーソングライターのオサカミツオさんと福歩さんによるユニットもコンサートを盛り上げていただき、大変盛大となりました。あらためてスタッフの「輪」を感じ、いいクリスマスプレゼントになりました



土屋院長によるギター演奏
チームXによるハンドベル

シンガーソングライターによるユニット
ムジカホスピターレ(スタッフコーラス)




 

2013年12月12日木曜日

今年の漢字

例年12月12日・漢字の日に「今年の漢字」の発表があり、2013年は「輪」となりました。2020年の東京五輪の招致も決定し、まさに今年を象徴する一文字であります。ところで、2011年と2012年の漢字を覚えていますか。2011年は忘れもしない東日本大震災があり「絆」でありました。2012年はロンドン五輪のメダルラッシュに沸き「金」でありました。みなさん、覚えていましたか?
そこで、私も2011年より独断で辰野病院の漢字一文字を考えてきました。それから紹介したいと思います。2011年は東日本大震災から立ち直ろうとした年であり、辰野病院においても、移転新築を控え、スタッフ一同病院を立て直そうということで、復「興」としました。
2012年は10月に移転新築され、気分も新たにがんばろうという思いで「生」まれ変わるとしました。
そこで2013年はというと、移転新築1年を迎えた10月に「今でしょ」ということで「第1回辰野病院祭」「お・も・て・な・し」宣言で開催され、大盛況で「じぇじぇじぇ」という気持ちになりました。これが今年を象徴する一番のできごとであり、「祭」に決定しました。このような「祭」を行うことでスタッフ同士の親睦も深まり、今まで感じたことのない充実感を味わうことができ、仕事の励みになりました。今までこのような「祭」がなかったことを悔やみ、今後は定期的に「祭」を続けていきたいと考えています。
スタッフコーラス「ムジカホスピターレ」

2013年12月10日火曜日

クリスマスコンサート




みなさんにとってクリスマスとは?楽しいこと、悲しいこと、人によっていろいろの思いがあることでしょう。しかし、クリスマスというと、何かわくわくする気がしませんか。そこで、クリスマスツリーを正面ホールと3階の談話室に飾りました。また、病院からクリスマスプレゼントとして12月24日の午後4時から病院ホールにてクリスマスコンサートを行います。院長によるギター演奏とスタッフによるコーラス、ハンドベルを予定しています。初めての試みであり不安もありますが「お・も・て・な・し」の心でお迎えいたします。みなさん、ぜひ病院へ足を運んでください。

2013年12月6日金曜日

辰野病院大忘年会

前回のブログで予告したように昨日、辰野病院大忘年会が行われました。今年は移転新築から1年が経過しスタッフにも余裕ができ、例年になく「芸」の数が多く、6つの部署から寸劇や踊りのパフォーマンスがあり、楽しい忘年会となりました。その中でも医局の寸劇「白雪姫」は大盛況で、日ごろのストレス発散になりました。毎年のごとく大賞を取る、芸達者の多い技師連による寸劇「天城越え」は、院長賞を獲得し、それを「越える」ことができず残念でした。(院長も医局の寸劇に参加していたため、自分たちのところへ賞を与えることができなかったためであるが)しかし、主人公「白雪姫」があまりにもかわいくて、すてきであったため特別賞をいただきました。
このような楽しい忘年会があるからこそ、仕事にも集中できるのだと思います。 



栄養科           外来






3西              3東




医局            技師

2013年12月3日火曜日

流行語大賞

昨日、今年の流行語大賞が決定し、「第1回辰野病院祭」にピッタリの4語でありました。
当院は今まで病院祭を定期的に行っておらず、移転新築1年を迎えるにあたり、今まで支援していただいた多くの方々に「倍返し」と考え、病院祭を計画しました。そこで「いつ行うの?」「今でしょ」ということで1年を迎えた10月に開催しました。
当日は、絶好の病院祭日和となり「お・も・て・な・し」宣言で開幕しました。当初は何人の方に来ていただけるか心配していましたが、ふたを開けてみれば、なんと1000人近くの来場者があり「じぇじぇじぇ」となりました。
今後もこの感動を味わっていきたいと思い、定期的に病院祭を開催したいと考えています。尚、オレンジは辰野病院祭のイメージカラーであります。
スタッフコーラス「ムジカホスピターレ」