2013年10月28日月曜日

第64回長野県医学会学会報告


昨日、第64回長野県医学会が行われ、症例報告を発表してきました。当院は、地方の小さな病院であり手術件数も少なく、学会発表といっても症例報告であり、毎年2~3回の発表です。大病院のように症例の集積や研究発表というのは難しいです。そこで、たかが「症例報告では」と思われがちですが、患者さん(症例)が臨床の基本であり、いかにその患者さんと向き合うかが大事であると思います。そのような患者さん(症例)の病気や症状を報告するのが症例報告であり、その積み重ねが医療の発展とスキルアップにつながると考えています。そこで今後も、常にその意識だけは大事に学会発表を続けていきたいと考えています。
今回の学会では、2つの特別講演が行われました。1つ目は、北海道大学の浅香先生による「胃がんはどこまで予防できるか」という内容で、ピロリ菌と胃がんの関係について熱く語っておられました。そこで早速「私も除菌しようかな!?」と言ったところ、スタッフから「もう遅い!!」と言われてしまいました。(永遠の20歳のはずなのに)
2つ目は、宇宙科学研究所の川口先生による「はやぶさの7年間の歩み」という内容で、ジョークを交えながら語っており、楽しく聞かせていただきました。臨床ではマニュアル(ガイドライン)が大事であり、それに沿っていれば「いい医療」になるのですが、研究となればそれではいけないと。また中学生の「何を勉強しておけばいいの?」(質問したことがえらい!)と言う質問に対して「勉強だけではだめ。いろいろなことに興味を持つように」と返答しておられ、私も医学はもちろん、ほかのことにも興味を持っていきたいと思います。
晴天の日曜日で屋内にいるのはもったいない気もしましたが、久しぶりに充実した一日となりました。



2013年10月18日金曜日

火災訓練

本日火災訓練が行われました。ところで先日、福岡の整形外科医院の火災で多くの方がお亡くなりになり、心からご哀悼を申し上げます。このことがあったためというわけではないですが、火災訓練を行いました。患者さんのほとんどは、自由に動くことができないので、他人事ではありません。例年にまして、真剣な訓練となりました。しかし、実際の火事となると、マニュアル通りにはいかないと思われ、常に防災の意識を持っていなければいけないと、痛感しました。


第2回辰野病院スポーツ大会


昨日、辰野病院スポーツ大会が行われました。これは、2年前からはじまり、今回が2回目です。(昨年は引っ越しのため、開催できず)
仕事が終わってから体育館に集合し準備体操を行い、ワンバンドフラバールバレーを行いました。最初は遊びのつもりでも徐々に真剣となり、熱の入った試合が行われました。スタッフ同士の親睦も深まり、リフレッシュできました。
また今回は、第1回辰野病院祭の慰労会も兼ねていたため、スポーツの後に公民館で宴会を行いました。病院きっての料理人によるカレーライスやデザートを堪能しながらお酒を楽しみました。このように公民館に集まって宴会が行えるのも、スタッフ全員が同じ方向に向いている辰野病院だからこそできることだと思います。温かみのある慰労会となり、明日からの鋭気となりました。

2013年10月10日木曜日

義援金ありがとうございました

10月6日に新築移転1周年を記念して第1回辰野病院祭を行いました。ところで今から約2年半前の3月11日、私は手術室で大きな揺れを感じ、その後テレビで大地震と知り、大変心が痛んだのを思い出します。もし辰野で大地震が起こっていたら、患者さんは、われわれは、何もできなくて・・・・・考えただけでも恐ろしいことです。その後、東北・福島は復興途中にもかかわらず、私たちの病院は新築移転し病院祭を開催するまでに至りました。東北・福島では、依然として苦しい生活を強いられている方々がたくさんおられ、われわれに何かできることはないかと考えていました。そこで病院祭で東北・福島へエールを送りたいと、スタッフコーラス「ムジカホスピターレ」がフィナーレに震災復興ソング「花は咲く」を歌いました。同時に義援金を募ったところ、多くの方に賛同いただきありがとうございました。本日、辰野町を通じて送らせていただきます。本当にありがとうございました。近い将来、東北・福島に本当の笑顔が戻るのを待ち望んでいます。

2013年10月7日月曜日

第1回辰野病院祭、無事に終了

昨日は、病院祭に約1000人の方に来ていただき「ありがとう」ございました。われわれの「お・も・て・な・し」の心は届きましたか。また多くの方に募金をしていただき感謝申し上げます。みなさん、楽しんでいただけたでしょうか。私の一押し「辰野病院劇場」とスタッフコーラス「ムジカホスピターレ」はいかがでしたか。これで辰野病院のイメージも変わり、身近な病院になればと。以前にも書いた、本当の意味で「近くて近い病院」にしていきたいと考えています。












 辰野病院劇場













ムジカホスピターレ


病院祭の準備など1ヶ月あまりのあわただしい生活が終わり、何か気が抜けたような感じです。徐々にもどしていきたいです。

2013年10月1日火曜日

移転新築1周年、第1回辰野病院祭の開催

1年前の今日、午前8時にテープカットを行い、新病院での診療が始まりました。期待と不安の船出であり、それから早いもので1年が経過しました。その当時は、どこに何があるかもわからず、戸惑いながら診療を行っていたのを思い出します。1年間というのは長いようで短く、もう1年たってしまったかというのが本音です。この1周年も地域のみなさまのおかげと、感謝の気持ちを込めて、10月6日(日)の午前10時から病院祭を行います。
ところで「病院祭の目玉は?」とよく聞かれますが、それぞれが魅力的であり、あとはみなさまの判断にお任せします。しかしあえて「目玉」というならば、辰野病院劇場スタッフコーラス「ムジカホスピターレ」を上げたいと思います。
辰野病院劇場では「白雪姫と7人の○○」を行います。はたして白雪姫は誰でしょうか?小人は?お楽しみに!
次にスタッフコーラス「ムジカホスピターレ」の名前の由来について解説します。ラテン語で音楽を意味する‘ムジカ,と手厚いお・も・て・な・しを意味する‘ホスピターレ,を組み合わせて作りました。下の写真は、練習風景であり本番も迫ってきており、真剣そのものであります。
当日は、まず初めにいきものがかりの「ありがとう」を歌います。ことば通りの1年間を支えていただいた皆さまに「ありがとう」の気持ちを込めて歌います。(実行委員長がいきものがかりのファンのためもあります)
次に復興支援ソング「花は咲く」であります。「東北・福島の復興なくして日本なし」多くの方がまだまだ苦しい生活を送っています。微力ながらそれを応援していきたいと思い、心を込めて歌います。ぜひ聞いてください。
そこで東北・福島のための募金活動も同時に行いたいと思います。みなさまの温かい心をお待ちしております。
この2つをみていただければ、とかく敷居が高く近寄りがたい病院が身近のものになればいいかなと考え、企画しました。みなさまをお・も・て・な・しの心でお待ちしております。ぜひお出かけください。