2013年9月30日月曜日

1年前の今日


ちょうど1年前、引っ越し2日目で患者さん搬送の日でありました。上の写真は引っ越しの最終確認をしているところです。その後、救急車で患者さんの搬送が始まり、最後に私の患者さんの搬送で無事に終了しました。何ひとつトラブルなく終了し、ほっとしたのを今でも思い出します。新しい病院に着いての第一印象は「廊下が広い!」でありました。もちろん病室も広くてきれいで、しかも「和」を基調とした障子風の敷居となっており、このまま私が入院してもいいかなと思いました。その後、旧病院へ荷物を取りに行き「町立辰野総合病院ありがとう、そしてさようなら」とちょっとさびしい気持ちになったのを思い出します。いくら汚くても数十年お世話になった病院だから。下の写真は現在の旧病院で、人影が全くありません。
1年前の夜は、私が初めての当直を行いました。旧病院の当直室は雨漏りとすきま風という過酷な環境でありましたが、新病院では「ビジネスホテル」風で、快適でありました。しかし、明日からの診療について考えていたためか、旧当直室の過酷な環境に慣れてしまったためか、なかなか眠れず新しい朝を迎えました。
今でも1年前の出来事を鮮明に憶えており、この時の気持ちを忘れずにいたいと思います。


2013年9月25日水曜日

時計の寄贈

先週、よっちゃんの部屋に液晶テレビが届きました。「え~今頃」と思われるかもしれませんが、辰野町はデジアナ変換の恩恵でブラウン管テレビでもまだ見られます。しかし、20年あまり使っていたため、最近になり映りが悪くなり、電気屋さんへ行ったところ、予想よりも値段が安かったため(デジタル移行時は数十万円していました)衝動買いし、それが届いたのです。テレビひとつだけ新しくなっただけでも、部屋が明るくなった感じで、わくわくしながら、必要もない番組まで見ています。
1年前の今頃といえば、新しい病院に移るのを楽しみに本格的に引っ越しの準備を始めていました。病院が丸ごと新しくなるのですから、くらべものにならないくらい待ち遠しい気持ちであったと思い出します。しかし、1年が経過し、あの頃のような新鮮さはなく、ただ日々仕事をしているだけになっています。
ところで本日、ロータリークラブの方々から時計をいただきました。大変貴重なものであり、大切にしていきたいと思います。このように地域のみなさまから支えられているということに感謝しなければと考え、病院祭を予定しました。10月6日、ぜひお誘いの上、お越しください。「おもてなし」の心でお待ちしております。

2013年9月17日火曜日

辰野病院検定

9月半ば、3連休明けで台風一過のすがすがしい晴天になりました。実は昨日、ゴルフの予定でありましたが、嵐のため中止となりました。周りの人からは「日頃のおこないが悪いから」と言われましたが、仕方ありません。(一度、雪で中止になったこともありました)台風18号は列島を縦断し多くの地域に多大な損害を与えました。また観光で行ったことのある嵐山が冠水したと知って、心が痛む思いです。被災した方々にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧を望みます。
ところで病院祭まで3週間をきり、スケジュールもほぼ決定し、準備も本格的になってきました。 また最近あちらこちらで、何とか検定というのがよく行われており、病院祭にあわせて「辰野病院検定」を行います。院内各所に検定問題を配置し、それに答えながら、院内を回ってください。ここでひとつだけ問題を紹介します。新築移転と同時にコーヒーショップが開業しました。コーヒーの香りにリラックス効果があるという理由で多くの病院で開業しており、当院でもひとつの目玉であります。そこで問題です。
Q.新築移転してから、病院内にコーヒーショップができました。その店の名前はどれでしょう。(3択です)
A.1、AE'S Café
  2、BE'S Café
  3、CE'S Café
これは、かなりの難問ですが、病院祭に来て、コーヒーショップに寄っていただければ、必ずわかります。このように、病院祭に来ていただければ解ける問題ばかりであり、ぜひこの機会に院内各所をまわり、全問正解してください。(景品を用意してあります)

2013年9月11日水曜日

ここにある写真は、ブログで「カサブランカが好き」と書いたら、なんとスタッフの方々が「ゆり」の花を送ってくれました。きれいに咲きましたよ!!
ところで、よく「外科医がひとりで大変だね」といわれますが、このようなあたたかいスタッフと、なんといっても患者さんの笑顔に恵まれており、決して「ひとり」ではないと、実感します。
病院祭に向かってもそうです。個々では難しいこともみんなで知恵を絞りあい、10月6日に向かって一致団結しています。コーラス・寸劇の練習も始まり、ブログにちなんで「よっちゃんの部屋」医学講座も行います。みなさまを「お・も・て・な・し」の心でお迎えいたします。

2013年9月9日月曜日

第1回辰野病院祭のお知らせ

本日9月9日、救急の日であります。ほんの10日ほど前の猛暑がうそのように、いっきに秋めいてきました。ところで、去年の今頃はというと、差し迫った大引っ越しの準備を始めていたところでした。今年は、1周年を記念して「第1回辰野病院祭」を10月6日〔日〕に予定しており、それに向かって準備を始めています。新辰野病院はまだ1年という「小さな木」でありますが、今後十数年かけて青空に向かって「大きな森」へと成長していく願いをこめて病院祭を行います。今後もみなさまに支えていただきながら成長していきたいと考えており、その支援の「倍返し」ということで病院祭を計画しましたので、ぜひお越しください。詳細は、順次報告していきます。

2013年9月2日月曜日

移転新築1周年記念講演について


 一昨日、辰野町民会館で行われた移転新築1周年記念講演で、辰野町出身の中畑先生にiPS細胞についてわかりやすく説明していただき、感謝申し上げます。また、多くの方に来ていただき、会場は満席状態であり、1時間30分があっという間に過ぎてしまいました。講演の中で「山中因子」やALSなどの難病の研究についての報告があり、近い将来、難病が治る時代が来ると確信しました。また最後に中畑先生を恩人と仰ぐ青年が、わざわざ東京から駆けつけていたと知り、感動しました。
 ところで辰野病院は、この10月で移転新築して1年を迎えようとしています。2年目に向けて建物だけでなく、中畑先生のように一流の研究(臨床)と患者さんから信頼される病院に生まれ変えていきたいと、考えています。